読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すぺくたーは田舎ぐらし

小金持ちになりたい管理人すぺくたーの趣味・雑記ブログ

【映画】ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー 感想

んー まぁまぁだったかな?

ネタバレあり

といってもスター・ウォーズのあらすじ知ってる人なら想像ついちゃうと思うけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンチではないが、スターウォーズになんの思い入れもない人の感想なので…

(私はルーカス映画が好きじゃない人)

 

80点!

 

 

ガンダムでいうと、『08小隊』とか、『0080ポケットの中の戦争』的なポジションかな。

クリスってヘボパイロットがアムロに渡すはずだったNT専用機をザクに壊される話

 

今後の公開スケジュールは、

2017年 『ep8』

2018年 『ハンソロ外伝』

2019年 『Ep9』完結?

2020年 『ボバ・フェット』?

らしく、スターウォーズファンにはたまらん4年間となっとります。

 

ディズニー以外の会社は戦々恐々としていることでしょう。

 

さて、今回の『ローグ・ワン』は、Ep4の目玉デス・スターの設計図を巡るお話。

時系列的には、Ep4の前の話。

 

Ep4あらすじ

今は内戦の時代である。反乱軍の宇宙船が、秘密基地から出撃し、邪悪な銀河帝国に対して初めての勝利をものにした。

戦闘のさなか、反乱軍のスパイは極秘の設計図を盗みだした。それは、帝国の究極兵器デス・スターの設計図である。デス・スターは宇宙要塞で、惑星をまるごと破壊できるほど強力である。

レイア姫は凶悪な帝国軍に追われながら、宇宙船で故郷へと急いでいる。レイア姫は盗み出した設計図を隠し持っている。この設計図によって人民を救い、銀河系に自由を取り戻すことができる…

 

この下線部分にかかる話。

 

 

ローグ・ワンあらすじ

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

物語の舞台は、『エピソード4/新たなる希望』の少し前。銀河全体を掌握しつつあった帝国軍は究極の兵器であるデス・スターの完成の時を迎えた。

そんな中、帝国に抵抗を行っていた反乱軍の元にデス・スター開発の主要人物であるゲイレン・アーソよりデス・スターの重要情報を入手して逃走した帝国軍のパイロット、ボーディー・ルックの情報が入る。

ボーディーはゲイレンの指示に従って反乱軍と同じく帝国に反旗を翻していたソウ・ゲレラ一味に接触するが、捕縛されてしまう。ゲレラ一味は過激な集団であり、同じ帝国を敵としている反乱軍に対しても敵意を持っていた。

反乱軍はゲイレンの娘、ジン・アーソを利用してゲレラと接触を図ろうとする。ジンは幼少のころに父ゲイレンと別れ、ソウ・ゲレラに引き取られて彼の下で暮らしていた過去を持っており、戦乱に巻き込まれてゲレラと袂を別った後に無法者となり、帝国軍に逮捕されていた。

反乱軍のスパイであるキャシアン・アンドーと元帝国軍ドロイドであるK-2SOはジンを救出し、反乱軍の本拠地ヤヴィン第4衛星にて顛末を説明して協力を要請。ゲレラと接触しようとする。

wikiより

 

 

◆ストーリー要約◆

ジンがゲレラと接触

父からのメッセージをみる

デス・スターに弱点を仕込んだから潰してくれと頼まれる

そのタイミングで惑星ジェダがデス・スターからの攻撃を受ける

惑星ジェダ壊滅 間一髪でジン一行は脱出

父に会うため兵器開発惑星に移動

タイミング悪く帝国のクレニック将軍と鉢合わせる

父、反乱軍の爆撃にあい死亡 つかの間の再会

反乱軍議会でデス・スター破壊を訴えるも却下される

ローグ・ワン クルーと同志数名で帝国基地に乗り込む

帝国基地が攻撃されていると、反乱軍が情報をキャッチ

反乱軍も増援をだす

デス・スターの設計図を入手するも次々倒れていく仲間

危ないタイミングで反乱軍到着

なんとかデス・スターの設計図を反乱軍艦隊に送信

そこでデス・スター現れる

デス・スター帝国基地惑星を破壊

ローグ・ワン組全滅

最後にレイア姫に設計図が渡される

 

ざっとこんな感じ。

 

ep4の前なので、ベイダー卿は健在。

ちょこっとでてくる。

開始から60分くらいで登場。

C3POと、R2D2もほんの少し登場

ラストにレイア姫!!

Ep4時のCG出演

ちょっと調べたら、エンディングはep4の開始10分前の話らしく、

シームレスでep4につながっていくものと思われる。

 

正直前年のep7が3作の1本目のわりにイマイチな出来だったので、

出来の危うい新3部作だけど、

ローグ・ワンから始まるサイドストーリーのほうが期待できるかもと思った。

自分の中ではスターウォーズ

1>3>2

って出来だと思っているので、今後が心配。

 

フォース持ちがベイダー卿しかでてこないので、

一部の超人によって戦況が左右されないところがいつものスターウォーズと違う所か。

ミリタリー要素強めかも。

 

個人的には主役の2人よりも、

ジェダイに憧れる僧兵ドニー・イェンと、

K-2COがいいアジだしてたと思う。

何人か続投するかと思ったけど、まさかの全滅オチ。

いと悲し。

設定に拘ると矛盾なんかが気になってしょうがなくなってしまうと思うので、

これはコレ!

でみたほうが楽しめると思う!

来年のep8には期待しませんけどね笑